下眼瞼切開術を東京で受けてきました

目の下のたるみの原因

目の下のたるみが気になっていた | 目の下のたるみの原因 | 眠ったまま手術を受けることができた

カウンセリング中、いろいろな話をすることができました。
目の下のたるみの原因について、目の下の皮膚や筋肉(眼輪筋)、眼窩隔膜などが衰えてくるので、眼窩脂肪が前に突出してきて下まぶたの組織を押し出すそうです。
目袋という目の下のたるみが生まれ、次第に頬の皮膚が下垂していき扁平化するとふくらみがより強調される仕組みです。
これらの症状に自分は当てはまると感じており、治療を受けると改善できると説明を受けました。
皮膚のたるみや眼窩脂肪のふくらみなどを修正することができ、くぼみや目の下のシワにも有効的だそうです。
いろいろな方法があるそうで、下眼瞼切開術の場合、シワやたるみ(軽度)に利用することができ、術後の腫れが少ないのが特徴的です。
他の方法には目の下の脂肪取りなどもあり、下まぶたの裏から眼窩脂肪を取り出し、目の下のふくらみを改善できるそうです。
いろいろ相談した結果、施術を受けることにしました。
別途施術の日を予約して、施術当日クリニックに行きました。
まず切開線になる下まつ毛のすぐ下や、皮膚の剥離範囲などにマーキングします。
下まぶた切開部分において局所麻酔を行い、痛みや起きた状態による手術が心配なら静脈麻酔を受けることができるそうです。